共有している不動産持分の売却方法とは?

相続や夫婦で不動産を共有することがあります。
事情はいろいろありますが、結果として負担となり売りたいと思うこともあります。
全体ではなく自分の不動産持分だけを売却することはできるのでしょうか。
答えとしては、可能と言えます。
それなりの条件を満たせばということになります。

最も簡単で確実なのは、共有している人に買い取ってもらうという方法です。
不動産持分が単独になれば、売ることに問題がなくなります。
そのような提案を共有している人に説明して売却します。
双方にメリットがあるので、もっとも確実な方法と言えます。
問題は相手との関係が良くない場合や、お互いに費用がない場合です。
同じような考え方に、共有者全員で全ての不動産持分を一緒に売却する等方法もあります。
これも関係が良好であれば問題なく行うことができるでしょう。
売却後に収入を分配することができるので、その時にもめないように注意しましょう。

関係が良くない時の不動産持分の売却


共有している相手と不動産持分の売却について話し合いができないような場合は、単独での売却を考えます。
保有している不動産が土地である場合には、専門の業者に引き取ってもらうことができます。
ただし、通常の売却に比べてかなり安くなってしまうことは、諦めなければいけない点です。
また買取業者が他の共有者に買取を迫ることもあり、トラブルになる恐れがあるのでその点にも注意が必要です。

もう一つの方法としては単独名義にする方法です。
共有している人から不動産持分を引き取り、売却して収益を得ることです。
この場合、相手の言い値で買い取ることになる恐れがありますが、確実に売却できて持ち出しがないような状態であれば、それでもいいかもしれません。
まずはいろいろと査定を行なってどうなるかを明確にしておくことが重要です。
後から話が違うということになると取り返しがつかなくなります。
慎重に話を進める確実性が重要です。

まとめ

固定資産税は不動産持分にかかってくるので、住居として使っていないならとても負担に感じるでしょう。
売却して利益が出なくても、固定資産税を払わなくていいならそれだけでもメリットがあります。
共有保有はこのような売却の時に困ることになります。
購入時に個人の負担が少ないというメリットがありますが、後々のトラブルを考えるとできるだけ避けた方がいい入手方法です。
最初に売却時にどうするかも決めて、書面にしておくと安心です。